« パールのピアス | トップページ | 箱根 湯本富士屋ホテルの料理 その1 »

2004年2月15日 (日曜日)

錦松梅と壬生菜の漬物

kinsyoubai040215.jpg
2004/02/15
今朝方、京都の実家より送られてきた飯の友です。どちらも母の手作りです。錦松梅は、市販のものが入っていた蓋ものに入れてみました。材料は、かつお節、きくらげ、昆布、胡麻、松の実。調味料は、醤油、梅酢、味醂、砂糖だそうです。美味です。漬物は、父の丹精した壬生菜を塩漬けにしたものです。しゃきしゃきとした歯ごたえで、これまたいけます。器は、マンションの有志グループでご一緒した若い奥様の作品です。バザーのときにタダでいただいてしまいました。銘入りです。

|

« パールのピアス | トップページ | 箱根 湯本富士屋ホテルの料理 その1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12630/374768

この記事へのトラックバック一覧です: 錦松梅と壬生菜の漬物:

« パールのピアス | トップページ | 箱根 湯本富士屋ホテルの料理 その1 »