« この道&弟よ短歌(地下室) | トップページ | タンタカタン »

2004年5月29日 (土曜日)

いろいろ短歌(実験室)

hakusyuu0405.jpg
「地下室」をつくったついでに「実験室」もできました。詩歌には縁のなかった私です。童謡「この道」の作詞者で、歌人であり、詩人でもあった北原白秋氏についてあまりにも無知なので、最寄の図書館で、関連本を2冊借りてきました。只今読み進んでおります。読みながら、拙首もここに置くことにしました。結局、短歌はとても無理だった、ということになりそうですが、それでも痕跡は残しておきたいので。なにぶん、覚え書きと銘打ったblogですから。

どうしても許せないですいつまでも薊が飛んで薔薇が咲いても

どうしても許せないですいつまでも梔子(くちなし)の木に薔薇が咲いても(04/06)

天井と壁は煤けて床は濡れ猫は固まり鈴蘭香る

突き刺せば青い返り血浴びそうでやめてよかった月夜の晩に

白い帯首から提げている人に手を挙げた奴どくだみは見た

2004/06-
突風かと思いましたよ あなたの笑顔に後ずさりましたから

|

« この道&弟よ短歌(地下室) | トップページ | タンタカタン »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この道&弟よ短歌(地下室) | トップページ | タンタカタン »