« 恋愛適齢期 | トップページ | こんな夜にはケータイ短歌 »

2004年6月29日 (火曜日)

緋色の記憶

nejibana.jpg
以前、テレビドラマ化された、トマス・H・クックの『緋色の記憶』(鴻巣友季子[訳]、文藝春秋)を再読し終わったところでした。クックという作家を知ったのは、野沢尚氏の脚本のファンだったからで、訃報を聞いてショックです。合掌。ドラマのみどころ 只今、『闇に問いかける男』(村松潔[訳]、文藝春秋)を読み進んでいます。

ピンクのネジバナを白黒に加工してみました。

|

« 恋愛適齢期 | トップページ | こんな夜にはケータイ短歌 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12630/868024

この記事へのトラックバック一覧です: 緋色の記憶:

« 恋愛適齢期 | トップページ | こんな夜にはケータイ短歌 »