« タンゴ・ライブ | トップページ | 秋近し »

2004年8月24日 (火曜日)

ノアザミ

「な~んちゃって通信」
雲中の散歩

夏の家族旅行での画像が、とても美しいです。霧の気配にうっとり。なかでもノアザミの姿に見とれてしまいました。ご近所の畑の脇にあるアザミを、まわりをぼかしながら、足場を気にしつつ撮っているのとはおおちがいですよ。それにしても、絵心に満ち満ちた画像でした。空は広い!


|

« タンゴ・ライブ | トップページ | 秋近し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

トラックバックどうも有り難う。
ミノトール2は自分もライブでいったことありま〜す。
青木まり子さんでしたけどね。
バンドネオンて楽器は同じだけど呼び名が違うの?
フォークソングでもアコーディオンは欠かせません。
自分のお気に入りは、現五つの赤い風船の竹田裕美子、元アーリータイムスストリングバンド五つの赤い風船メンバー。そして最近中川五郎と連んでいる吉原リエさん。彼女はフォーキーな連中にあります。そして最後はチープチーパースのkumikoさん。CHEAP CHEAPERSです。
自分のことばかり語ってすいません。バンドネオンは良く知らないんですけど、アコーディオンのあの気持ちを引っ張るようなあの音色に参ってしまうのです。

投稿: face | 2004年8月24日 (火曜日) 午後 06時49分

お、なのかさんとフォークダンス繋がりのfaceさんだ。こんばんは。
ミノトール2をご存知だったなんて、書いてみるもんです。
アコーディオンとバンドネオンは、仲間ではありますけれど、
音色はずいぶん違いますよね。
見た目でいえば、かたや鍵盤があって、かたやボタンしかないとか。
オルガンやハーモニカと同じように、風を送って音を出す楽器ですが。
アコーディオンのことを手風琴とかいいませんでしたっけ。
村上春樹の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で、
「世界の終り」の方に登場してました。
詳しくは、バンドネオンという楽器を参照されたし。
私の場合、どちらも好きな音です。そのときの気分によるというか。
「五つの赤い風船」、懐かしい! おお、わが青春!

投稿: melas | 2004年8月24日 (火曜日) 午後 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12630/1268406

この記事へのトラックバック一覧です: ノアザミ:

« タンゴ・ライブ | トップページ | 秋近し »