« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004年12月29日 (水曜日)

小倉百人一首より


なげけとて月やは物を思はするかこち顔なるわが涙かな 西行法師

この歌と、雑録にアップした歌を、ときどき思いだします。57577のリズムは、そんなふうに、私のような和歌アレルギーの人にもしみこんでいるのかもしれません。
小倉☆百人一首について

今年は、枡野師や、トラックバックタンカー(本多響乃さん作)のみなさんのおかげで、ミステリを読むのも忘れて、自分なりの短歌づくりにいそしみました。ありがとうございます。
行き先の定まらないこのBlogに、トラックバックやコメントをお寄せくださったみなさん、ありがとうございます。

それではみなみなさま、よいおとしを♪(といいつつ、家事の合間にBlogを徘徊しております)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月27日 (月曜日)

ホーボー

なーんちゃって通信
「ホーボー再び」へトラックバックします

ほー、そういう歴史があったんですか。知りませんでした。とても興味深いことを教えていただけて嬉しいです。Hobo と綴るみたいですね。放浪する、旅する人って意味なら、方々という感じでもありますか。「ポーラー・エクスプレス」という映画の中で、唯一リアルに見えたのがホーボーでした。
2004.12.25『ポーラー・エクスプレス』を見てみた、というfaceさんの記事へのコメントと重複します。エクスプレスに乗った子供たちにはココアがふるまわれてましたが、ホーボーは男の子に苦いコーヒーをごちそうしてました。余談になりますが、ジャック・ロンドン(1876-1916)の誕生日は、村上春樹氏と同じだそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

役者さん

映画を観ても、ストーリーより音楽を覚えていることの多い私ですが、役者さんの話でも。以前はブルース・ウィリスの、今はトム・ハンクスのファンです。来年はターミナルを見る予定です。あ、アンソニー・ホプキンスも好きです。
女優さんでは、メグ・ライアン、ジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ダイアン・キートンなんてところでしょうか。... ...外国の役者さんばかりになってしまって。来年は、日本の役者さんの話をしますね。役所広司さんとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月26日 (日曜日)

あらあら短歌

口紅が塗られて成就するように読まれるまでの本は未完だ(秋野道子)

*枡野浩一『かなしーおもちゃ~あるある短歌1~』(インフォバーン)、発売されるんですね。おめでとうございます。楽しみです。わくわくします。枡野浩一氏、佐々木あらら氏の文章もふんだんに読めるみたいですから。

秋野道子さんは、改作がうまくいかない人だねえ……。
でもずっと見てますから、あらせず続けてみて。

「夢」評その4・年末年始企画にて枡野氏よりいただいたコメントです。ありがたいです。... って書いていたのを、...... とするようになったのは枡野師のおかげです。が、しかし......。

さてと、かんたん短歌では改作が、アルゼンチンタンゴダンスではピクチャー・ポーズが決まらなかった2004年でした。進む方向が定まらない、軸が揺れる。そんな反省はしています。2005年にはうまくいきますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポーラー・エクスプレス

ポーラー・エクスプレスを観てきました。株主優待券があるからと、いつも妹に誘われるのに断り続けていたロード・ショーです。1度くらい付き合わなきゃ、というわけで、新宿は歌舞伎町にある新宿ミラノ座へ。実写とアニメの中間をいくような映画でした。日本語吹き替え版の方を観たので、トム・ハンクスでなく唐沢寿明さんの声でした。パジャマを着たままで北極点行きの急行列車に乗るなんていいなあ。夢ですよね。「列車がどこへ行くかよりも―“乗る”と決める事が大切なんだ」......なるほど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004年12月20日 (月曜日)

夢 好きな短歌

ダストボックスの底に捩れている影は夢みるような未完の手紙(佐伯 裕子)

『未完の手紙』
『現代短歌百人二十首』邑書林より転載させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月15日 (水曜日)

日曜日はタンゴ

ちょっぴりクリスマスなパーティー に加わってきました。

黒々とタンゴを踊る渦にいて赤くたたずむバレエダンサー

タンゴダンスのパーティーへ行くと、圧倒的に黒い服装が多いのですが、お1人、赤いスリップドレスで踊っている方を発見しました。仲間の1人にきいたところではバレエダンサーらしいです。なんだかちょっと素敵でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年12月10日 (金曜日)

ひととよう

2004年も残り少なくなりました。一青窈(ひととよう)というシンガーソングライターを初めて見たのは、たしか2002年のNHK紅白歌合戦でした。「もらい泣き」を聴いてファンになりました。ミミトナリで試聴してみると、「江戸ポルカ」、「金魚すくい」もいいなぁ。

さらに、プロフィールを見てみると、お気に入りの映画のところに花様年華が挙げられています。音楽も、ファッションも、とても魅力的な映画でした。彼女のルーツを見るとうなずける選択ではあります。音楽を見ると、井上陽水。うーむ。これも同感できます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004年12月 7日 (火曜日)

お願い

とりあえず、Blog雑録へもコメントをいただけるように設定しました。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホッピー物語

こちらにて、ホッピーについて、誤ったコメントをしました、きんぎょさん、みなみなさま。ホッピーファミリーに正解があります。ということは、私が飲んだのは、焼酎のホッピー割り、ということになりますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月 5日 (日曜日)

推薦文

57577。
リズムにのって歌います。
31しか、31も、と考えながら、
ともかく書いては歌います。
身体全部を使う感じで。
短歌に化けてお会いしましょう。
秋野道子@タンゴ

わたしたち感歎したい仲だから短歌に化けてお会いしましょう(秋野道子@タンゴ)

*二種類つくってみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月 3日 (金曜日)

耳に残るは君の歌声

リンクは、めでたく成就しました。ありがとうございます。

で、ここでまた映画のお話をさせてください。耳に残るは君の歌声の予告編にて、歌声が少しだけ聴けます。タンゴ・レッスンの監督でもあるサリー・ポッターは、タンゴ・ダンサー、パブロ・ヴェロンのダンスを登場させてます。これも予告編でチラッと見られます。どちらも忘れられない映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年12月 1日 (水曜日)

事後承諾になりますが

画面右欄にある、最近のトラックバックの下をご覧ください。リアルつながりに「なおこの徒然なる日記 」(姪です)と「魚の目鷹の目、ぐるっと回ってニャンコの目」を、Blogつながりに「なつのなか の なのか」と「な~んちゃって通信 」をリンクさせていただきました。ご都合がよくなければお知らせください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »