« 新しい香水でも | トップページ | 森の生活 »

2005年1月26日 (水曜日)

よしもとばなな

『キッチン』を読了、『とかげ』と『赤ちゃんのいる日々』を買いました。あと1冊、新潮文庫を買い、シールを切り取り、応募用紙に貼ると、30冊相当のグッズがもらえるそうです。なので、川上弘美『おめでとう』を買いました。欲しいのは、文豪リストウォッチです。三人の中では、そうだなぁ、夏目漱石かなぁ。それにしても、お三方とも、まさか、ご自分の顔の上で時計の針が動くことになるとは、想像だになさらなかったことでしょう。

それはともかくとして、よしもとばななさんの小説は、登場人物たちの印象が、とても近しい感じがするのに、いい意味で淡いというか、想像の余地を残してくれているせいなのか、読み手である私もまた、あまり深入りせずに感情移入できるような気がします。淡々とした、ニュートラルな感じとでもいうのでしょうか。あぁ、『赤ちゃんのいる日々』という育児日記を読めば、また感慨は新たになるのかもしれません。

|

« 新しい香水でも | トップページ | 森の生活 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12630/2698948

この記事へのトラックバック一覧です: よしもとばなな:

« 新しい香水でも | トップページ | 森の生活 »