« トーク&サイン会 | トップページ | 三月ですね »

2005年2月25日 (金曜日)

『笑の大学』

笑の大学を、先週の土曜日に、下高井戸シネマで楽しみました。時は昭和15年。場所は東京・浅草。警視庁、保安課、検閲係による検閲の行われる検閲室と、劇場街が主な舞台となっています。主役は、検閲官と劇作家です。

今回映画化された三谷幸喜原作・脚本のこの作品は、ずっと以前にラジオドラマ化されました。録音してあります。役所広司さんが演じている役を三宅裕司さんが。稲垣吾郎君の役を坂東八十助さんが声のみで演じてました。私的には、役所、稲垣コンビの方が、映画とラジオを比べるのもなんですが、面白かったですかね。舞台化もされたようです。でまあ、「笑の大学」という劇団の座付作家、椿一(つばき・はじめ)の脚本は、検閲官に直しを命じられるたびに、話がどんどんふくらんで面白くなっていくわけです。ご覧になっていない方々も、ビデオかDVDででも、是非ふれてみてください。面白いですよ。

|

« トーク&サイン会 | トップページ | 三月ですね »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12630/3073294

この記事へのトラックバック一覧です: 『笑の大学』:

» 笑の大学 [AML Amazon Link]
笑の大学 [続きを読む]

受信: 2005年4月28日 (木曜日) 午前 08時44分

« トーク&サイン会 | トップページ | 三月ですね »