« 『笑の大学』再び | トップページ | 「本」改作 未TB »

2005年4月30日 (土曜日)

『五線譜のラブレター』

昨日、下高井戸シネマで観た五線譜のラブレターは、うっとりのち涙のちブラボーでした。ミュージカルっていいですね。そうそう、コール・ポーターという作曲家の人生を、初めて垣間見ました。チャーミングなジャズナンバーの数々が、こういう人の作品だったとわかると、楽しみも広がります。ジャズシンガーの温かい声質に久しぶりに触れましたし、ヒロインのリンダを演じたアシュレイ・ジャッドの強靭な美しさは見ものでした。

|

« 『笑の大学』再び | トップページ | 「本」改作 未TB »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歌舞音曲芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『笑の大学』再び | トップページ | 「本」改作 未TB »