« 象の足の...... | トップページ | たまにはショー・ダンス »

2005年5月11日 (水曜日)

蕗味噌は美味です

fukimiso
HP「アルバム植物編」の薬用植物園3頁にアップした花の名前が分かりました。ま、このあいだ高尾山に登ったとき(BBS「暗室」に携帯画像あり)、シャガのことをコスモスと呼んだ男性のように、綺麗だと思う気持ちの方が、名前を調べることより大切かもしれません。でも、やっぱり気になるんですよ。生物の時間でもないのに。そう、高尾山は、俳人や歌人も登った山らしいです。石碑があるなあ、と思いつつ、いっこくらい読んだような記憶しかありません。北原白秋の歌碑があるらしい仏舎利塔付近も散策したんですけど、うかつでした。

我が精進こもる高尾は夏雲の下谷うずみ波となづさふ 北原白秋

高尾山の文学散歩より
「なづさふ」というのは、(動ハ四)水に浸る。なれ親しむ。 だそうです。KY’s Homepage の「古文学習」→「古語辞典」にて調べさせてもらいました。なんとなくわかったようなわからないような。同じところに佇んでも、詩心を持った人は歌なんか詠むんですね。それでいて、古語で詠まれていると、私のような古語アレルギーの人間は、とてつもなく遠い思いに思えてしまうのです。つらい。お土産の蕗味噌は苦みばしっていて美味です。

|

« 象の足の...... | トップページ | たまにはショー・ダンス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 象の足の...... | トップページ | たまにはショー・ダンス »