« 「本」改作 未TB | トップページ | 今読む梶井基次郎 »

2005年5月30日 (月曜日)

短歌と散文と

machikado
小池光氏による『街角の事物たち』は、とっくの昔に読了したのに、感想を書いていませんでした。象の足の... ...に書いたっきりでした。ともかく、どちらさまも、是非お読みいただければと思うほどに面白い本です。もちろん、歌人でいらっしゃいますから、短歌論など、私には難解なところもありました。それでも読み進んでしまえるほどの本です。あ、ちっとも感想文になってませんね。
そうそう、過去に出会った物理の先生お二方に抱いていた忌まわしい(?)思いは綺麗に払拭されました。小池氏のような先生も実在することを知りましたから。それから、勝手にリンクさせていただいている「世界を揺るがした十日間」の面白いこと。生きる力が湧いてきます。ということはたぶん、筆者ご本人は、相当なエネルギーを費やしておられるに違いありません。

|

« 「本」改作 未TB | トップページ | 今読む梶井基次郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「本」改作 未TB | トップページ | 今読む梶井基次郎 »