« 海の幸 山の幸 | トップページ | 祝 第4回 歌葉新人賞 »

2005年10月22日 (土曜日)

梅干し

パソコンの不具合が続いていたため、またまた初期化を実行してました。なんだかなあ、ですよ。調子のいいときはいいんですけど、よくないときのよくないことといったら。

合間を縫いながら、雑録に宣伝を始めました。菊花まじりの漬物と、菜の花の漬物を知っていただきたくて。しかしまあ、我が家でも、気に入っているのは私だけですから、好き好きですよね。花を食べるってことに抵抗のある人は多そうですから。

なにはともあれパソコンの調子がよくなったので、妹から母へ、母から私へと回覧されてきた『さくらんぼに見えた梅干し』の続きを読むことにしましょう。アメリカ人である筆者の仲間が、朝食に出された生卵を、ゆで卵だと思って割ってしまうくだりなど笑えます。

|

« 海の幸 山の幸 | トップページ | 祝 第4回 歌葉新人賞 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

菜の花は、毎年、早春から、一夜塩漬けにして食べますが、この錦の菜の花漬けはそれとはまた違うみたいですね・・・

投稿: なのか | 2005年10月22日 (土曜日) 午後 10時42分

あ、まぎらわしい紹介の仕方をしてしまったかも。私の画像にある菜の花漬けは、松ヶ崎の農家製(たけのうち)です。春には出回るらしい錦・高倉屋のは、店主の部屋によれば、なのかさんと同じ浅漬け(新漬け)らしいですね。松ヶ崎のは、いわゆるひね漬け(古漬け)だと思いますよ。

投稿: あきの | 2005年10月22日 (土曜日) 午後 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海の幸 山の幸 | トップページ | 祝 第4回 歌葉新人賞 »