« いちご摘み その9 | トップページ | 占いのあと »

2006年2月19日 (日曜日)

「日本歴史占い」ふたたび

今回もまた、BBSにて川柳のボツ供養を執り行いました。
奥村晃作歌集『スキーは板に乗ってるだけで』
読み進んでおります。面白いです。ファンです。

さて、一昨年の記事に、日本歴史占いというのがあります。
で、短歌を詠んだり、川柳を詠んでみたりしつつ、
自分自身のキャラクターについて考えています。
ま、占いですから遊びには違いありません。
しかし、ちょっとしたヒントとしては面白いかと。
「卑弥呼」が川柳を詠む......想像しにくくありませんか?
でも、精進し続けます。

この記事をお読みになり、占いを実行した方は、
よろしければ何者だったか教えてくださいませ( ̄ー ̄)。
『日本歴史占い』

|

« いちご摘み その9 | トップページ | 占いのあと »

川柳・俳句」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

コメント

東京都の「○ぐちみちこさん」という方をご存知ありませんか?

ぼやき川柳に入選した
『蝶タイにボーイさんかと声かかる』
の作者なんですけど・・・

投稿: のぼ | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 12時57分

へ?
それって本名が読まれてしまったのかしらん。
○ぶちなんですけど。う~~~ん。
にわかには信じがたいお話ですよ。

投稿: あきの | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 01時01分

ぼくは空海でした。
うちの嫁が八百屋お七で爆笑してしまいました。
楽しい時間をありがとうございます。

投稿: かっぱ | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 02時15分

きのうの録音データを
・・・@infoseek.jp
に送りましたのでご確認ください。

音声データはWMAというフォーマットで録音しています。
Windows付属の Windows Media Player などで再生してください。

スタートから約8分あたりに
『蝶タイ・・・』があるはずです。

投稿: のぼ | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 02時21分

>のぼさん
ありがとうございます♪
なのに、アドレス変更をHPに反映させるのを
忘れてました。ごめんなさい。
のぼさんのところにも新アドレスを書きましたが、
こちらにも。
***@infoseek.jp
へ、お手数ですが再送信ねがいます。
本当に、申し訳ありません。

>かっぱさん
そうですか、空海でしたか♪
早速、貴重なデータをありがとうございます。
当たっていそうな感じですよ。
八百屋お七さんは、恋女房に違いありません。
ちなみに、わが連れ合いは光源氏であります。

投稿: あきの | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 02時39分

了解です。

アドレスをテキストデータのままここに表示しておくと危険ですよ~!

迷惑メールが狙ってますからね。

とりあえずアドレスだけは消して、あとでテキストから画像にして表示するなどの工夫がいりますよ~!

投稿: のぼ | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 03時14分

のぼさん、いろいろアドバイス、ありがとうございます♪
用心深くないのは子供のころからの困った習性です。
これからも、眼を光らせていただけそうで、心強いです。

はい、只今、放送データを聴かせていただきました。
のぼさんのおかげで川柳を続けていて、ようやくヒット
したら録音まで送っていただいて。
感謝感激雨霰です。

あ、のぼさんからのお便りが読まれたあと、佐藤アナに
読んでいただいてましたから、
ラジオネームを書くのを忘れたんですね。
天然ボケに磨きがかかってきたようです。

なにはともあれ、大喜びしてます\(~o~)/ 。

投稿: あきの | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 03時35分

AHAHAHAHA!
よかったですねぇ!
やりましたねぇ!
あめでとさんです♪
うれしいなぁ!

苦節^^三ヶ月ぐらいでしたっけ。
お疲れさまでした。
よくがんばったご自分に
ご褒美をあげてはどうでしょうか。

投稿: のぼ | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 04時11分

苦節は三ヶ月より長かったような。
ともかく一度読まれたいという夢が叶いました。
大先輩ののぼさんに、少しだけ近づけましたよ。
ご褒美、なんにしようかなぁ。

投稿: あきの | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 04時39分

入選おめでとうございます!
お名前が違っていたので気付きませんでした。
やりましたねえ。
また次も楽しみにしております。

ちなみに、うちの嫁は恋女房というより濃い女
房といったかんじです。

投稿: かっぱ | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 04時55分

うわぁ、かっぱさんまで。
ありがとうございます♪
これでもう、この先ずっとボツでも
耐えられます。なので続けます。

けど、濃い女房って、川柳的ですね。

投稿: あきの | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 05時13分

こんばんは~♪
わたしも聴かせていただきました。
おなか抱えて笑ったよー。
あはははははははは
やりましたね~^^vおめでとう♪

ぼや川って、ときどき本名で読まれちゃうことあるみたい。。
じつはあたくしも。。。。
めっちゃあせりました^^;

占いやってみました。
これは前に林ゆみちゃんに教えていただいてやったことがあるんですが
やっぱ、同じく、、でした。
あたりまえですね(笑)

あたいはお七やー!

投稿: やや | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 08時52分

おめでとうございまーーす♪♪

私は額田王でした。
えー、ほんと?!

投稿: なのか | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 09時01分

あきのさん、おめでとう^^
『日本歴史占い』は一時期うちのHPでも流行りました。

ふっふっふ、私は紫式部です。

投稿: ゆみ | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 09時14分

こんにちは。
私は徳川家康でした。

投稿: 新井蜜 | 2006年2月19日 (日曜日) 午後 11時22分

おはようございます♪

占ってみた方々からコメントが入ってます。
ご参加、ありがとうございました。
あ、ぼや川への入選祝いも、ありがとうございます。

>ややさん
笑っていただけてよかった。
そう、ぼや川って、本名読んでから言いなおしたり
してますよね。川柳の番組らしいところなのかしらん。

はい、この占い、ゆみさんのところで、見た記憶は
あります。でも、お七っていうのは、お初に知りました。
ふわっと大きく羽ばたく感じの、ややさんのお歌や川柳と
大いに関係ありそうな気がします。ピンヒールの一句も。

>なのかさん
ぬかたのおおきみは、万葉の歌人ですよね。
いっとき、なのかさん主催の連歌に参加させて
いただいたのも偶然じゃなかったのかも。
ゆったりしていて、はっきりとした物言いって
いうところなんか、まさに、なのかさんですよ。

>ゆみさん
ふふ。見てました。ゆみさんは式部なんだなぁって。
でもって、今様「源氏物語」を書けるようなセンスを
ちらちらと感じつつ、短歌作品を読ませていただいてます。
笹公人さんの講座や歌会で、また新たな展開もありそう
ですね。どきどきしながら楽しみにしています。

>新井蜜さん
守備範囲の、とてつもなく広い、才気あふれる、
エネルギッシュな歌人は、家康のキャラも
お持ちなんですね。ちょっと意外な気もしたりして。
短歌に対する、飽くなき探求精神に満ち満ちた、
「暗黒星雲」からの刺激にリードされております。

以上、えらそうに、勝手なコメントを付けさせていただきました。

投稿: あきの | 2006年2月20日 (月曜日) 午前 09時44分

大変なコメントに恐縮しています。あきのさんのお名前もあちこちで拝見したり、耳にしたりしております。

私は家康はあまり好きでなく信長が好きなんです。小学5年のときの担任の先生の反応は、「人間は自分にないものを求める傾向にある」というものでした。ということは私には信長の性格はないということなんだろうと思います。

投稿: 新井蜜 | 2006年2月21日 (火曜日) 午前 12時10分

なるほど。たしかに、その先生の言われた通りです。
卑弥呼的なところのありそうな私は、逆立ちしても、
出雲の阿国にはなれないわけで。

まあ、自分にどんな短歌が詠めるのか、
試行錯誤するしかありませんね。

投稿: あきの | 2006年2月21日 (火曜日) 午後 12時22分

あきのさん、おはようございます。

あきのさんは活動の幅が広いですね。
入選おめでとうございます!

私は出雲の阿国でした。
当たってるかどうかは微妙です。
関係ないけど、私もあきのさんと同じ
寅年のB型だったりします。
おうっと思いました。

投稿: 三弥 | 2006年3月 2日 (木曜日) 午前 10時06分

入選おめでとうございます~。

わたしは「かぐや姫」でした~。

投稿: 響乃 | 2006年3月 2日 (木曜日) 午前 11時53分

おぉ♪
「日本歴史占い」へのコメントが。
三弥さん、響乃さん、ありがとうございます。
「ぼや川」入選は、一回ぽっきりになりそうですよ。

>三弥さん
そうですか、出雲の阿国でしたか。
辰巳泰子さんをして官能的と言わしめた、
三弥さんの短歌と関係ありそうな気もします。

>響乃さん
かぐや姫の作品は、日本経済新聞の、
岡井隆選であるとか、「短歌」三月号、
松坂弘選だとかで拝見しています。

投稿: あきの | 2006年3月 4日 (土曜日) 午後 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いちご摘み その9 | トップページ | 占いのあと »