« 056:とおせんぼ(秋野道子) | トップページ | 058:抵抗(秋野道子) »

2006年4月21日 (金曜日)

057:鏡(秋野道子)

夜景より車窓鏡に隣人を盗み見ている旅人である

|

« 056:とおせんぼ(秋野道子) | トップページ | 058:抵抗(秋野道子) »

題詠100首blog」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜。
これなら自分にもわかりそうです。
一票入れます。

隣人って?

自分の場合だったら
たとえば一人を旅して、
物思いにふけっている美人とか。

投稿: face | 2006年4月22日 (土曜日) 午後 10時41分

おはようございます、faceさん。
一票を、ありがとうございます。

>物思いにふけっている美人とか。

なるほど、ロマンチックですね。
私の場合、たとえば新幹線だと
喫煙車両を選ぶため、
隣人は男性がほとんどです。
若くない方で、四方山話を
楽しめそうかどうか品定めするわけです。

投稿: あきの | 2006年4月23日 (日曜日) 午前 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12630/9694288

この記事へのトラックバック一覧です: 057:鏡(秋野道子):

« 056:とおせんぼ(秋野道子) | トップページ | 058:抵抗(秋野道子) »