« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月28日 (日曜日)

ひとやすみ

Rose_004どうにかこうにか
100首の短歌を
詠み終わりました。
今週は、ひょっとすると
北の国へと向かうかもしれません。
しばらく雲隠れしますね。
皆様ごきげんよう。

| | コメント (2)

完走報告(秋野道子)

私なりに完走しました。
お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100:題(秋野道子)

前置きを長々と聴くはつなつの本題までに見る赤い夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

099:刺(秋野道子)

その花の文様ですが青を刺したのではなくて押したのでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

098:テレビ(秋野道子)

都合よく操られてるわたくしは人ではなくて例えばテレビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

097:告白(秋野道子)

再会は表紙ではなく本編を告白しあう潮時である

| | コメント (2) | トラックバック (1)

096:器(秋野道子)

方円に従う水であればなお器の真価みとおしなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金曜日)

095:誤(秋野道子)

誤って人と名刺を結びつけ送った花の束の冷や汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

094:流行(秋野道子)

楽しくて学校へ行く妨げは流行りの病だけだったころ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

093:落(秋野道子)

由来では二つの川が落ち合った名の処理場に飛び交う蛍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月曜日)

ぼやき川柳

のぼさんから、かんさい土曜ほっとタイム「ぼやき川柳」
の放送データを送っていただきました。
前回もそうでしたが、お手数かけます。
ありがとうございます。
本日、夜あたり、ゆっくりと聴かせていただきますね。

お小言は枝葉末節ばかりつく

Rose_002

*データを聴かせていただきました。
本当に大賞に選ばれてますよ♪
あとがあるかどうかは別として、
タイマー録音しましょう、これからは。


| | コメント (2)

2006年5月20日 (土曜日)

カモマイル

Rose_003_1
公の団地の一角に群生しているカモミールです。
来春の建てかえのとき、抜かれてしまうかもしれません。
ときどき出会う方に了解を得て、三株ばかり頂戴してきました。
たしかに林檎に似た香りがします。また、もらいにいーこおっと。

HPのカモマイルも。

| | コメント (4)

2006年5月19日 (金曜日)

092:滑(秋野道子)

箸先を滑り小芋はころころと成仏のとき先へ延べてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

091:砂糖(秋野道子)

まず砂糖から染みこませ円やかな人になれよと祈ったけれど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090:匂(秋野道子)

打ちけせば打ちけすほどに匂いたつ柑橘類のような好意よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火曜日)

Photo 短歌 「距離」

Post

うっかりと計り知れない深みへと何か落としたような投函

拾われた「Photo 短歌」第二弾です。
うーむ、モノクロにするべきだったか......。

| | コメント (2)

土曜日は、「辰巳泰子の歌会と朗読ライブ――聖夜」に
詠草なしの参加をしてまいりました。
満ち足りた宵でした。

で、日曜日の「カフェますの」は残念ながらパスさせて
いただき(参加された方々の記事を楽しみに)、

月曜日、先だって下高井戸シネマで観た
歓びを歌にのせて
に刺激され、ずっといぜんのことを思い出し、
コーラスに参加してきました。
久々のボイストレーニングでは、
案外声の出る自分に感動しました。
団員になりそうですよ。
目指すはゴスペルソングです。

*         

そうそう、茶碗蒸しのことを。
蒸し器と、電気レンジとで
試してみたところ、レンジの方が
「す」も立たず、美しく仕上がりました。
お味は、いずれも上々でした♪

Hidamari_003

| | コメント (4)

2006年5月12日 (金曜日)

百合根

↓この小皿の直径は約12センチです
Hidamari_011昨日、京都の母が送ってくれた百合根です。
デパートの地下で手に入れたそうです。
さ、茶碗蒸し、茶碗蒸し。
海老、生しいたけ、かまぼこ、三つ葉。

あ、こんなレシピも発見しました。

| | コメント (2)

2006年5月10日 (水曜日)

089:無理(秋野道子)

生だからこそ枯れてゆく花だもの無理は利かないことの優しさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

088:銀(秋野道子)

美味しいと食めば身体に良いらしい母は玄米 父に銀舎利

| | コメント (0) | トラックバック (0)

087:朗読(秋野道子)

自らの歌を朗読する人の上には夜空 密室なのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

086:メイド(秋野道子)

母国にてメイドもすなるわたくしをマダムだというペルシャの女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

085:富(秋野道子)

富士山と鶴の絵柄の印判にハンバーグなど盛ると店主は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

084:世紀(秋野道子)

いつまでも新幹線と呼ぶように二十世紀という梨がある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

083:拝(秋野道子)

それぞれの魂の芯声にして礼拝堂に揺れるゴスペル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

082:整(秋野道子)

おたがいに整地したのは我こそと進む道筋 横に並んで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

081:硝子(秋野道子)

悪気ではなかったけれど欠けさせたあのプライドは硝子細工だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

080:響(秋野道子)

口笛をひゅっと鋭く響かせろウルフドッグに聴こえるように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土曜日)

キャラクター短歌:ムーミン(秋野道子)

そよそよと群れを離れたニョロニョロが寄り添っている携帯電話

スナフキンときどきミイを生きながらムーミンママの振りをしている

2006-04-27 GW☆新企画☆「ムーミン短歌」大募集!
に参加してみます

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年5月 5日 (金曜日)

夏が来れば思い出す♪

札幌に住まう、いわゆる共働きの娘夫婦から、
連休を利用しての旅先で撮影した、
サロマ湖の水芭蕉のケータイ画像が
送られてきました。
060503_132801

「春から初夏 花いっぱいの東オホーツク撮影ガイド」
には、詳しい地図もアップされてます。

| | コメント (6)

2006年5月 4日 (木曜日)

075:打(秋野道子)

病院の支払い済ますピアニストK打楽器のようにジャズ弾く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンタの復活

4月25日にドアtoドアサービスを頼んだプリンタは、
28日に無事もどってきました。ほっ、としました。
「給紙部に異物が混入しておりました」との報告です。
その異物も添えられていました。草色の押しピンです。
カレンダーの隅の一箇所にピンホールが。
窓を開けたとき風で外れたみたいです。

暦とめてた押しピンが身投げして給紙トレイは悲鳴を上げる

Kinrenka_001ナスタチウム(金蓮花)は、
食べられます。
葉も茎も花も、わさびの味がします。

| | コメント (2)

075:打(秋野道子)

病院の支払い済ます 打楽器のようにジャズ弾くピアニストK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水曜日)

079:芽(秋野道子)

手のひらに木の芽を載せて一度だけ柏手(かしわで)を打ち今日の夕餉だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

078:予想(秋野道子)

最悪の予想してみてそれよりはましなはずだと猫に眼で問う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

077:針(秋野道子)

針のない空綴じをしたホッチキス「ご飯はまだ」と上目遣いに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

076:あくび(秋野道子)

気持ちよく大きくあくびできるとき鬱から遠いところにいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

075:打(秋野道子)

病院の支払い済ます打楽器のようにジャズ弾くピアニストK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

074:水晶(秋野道子)

病室のベッドの脇に水晶を置く 父の名は晶ですから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

073:トランプ(秋野道子)

財布にはあまたカードのひしめいてトランプ遊び忘れたままだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

072:箱(秋野道子)

重箱のおせち料理を補いに叔母が通った納戸の冷気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

071:老人(秋野道子)

皺皺の老人の顔して生まれ染み一つなく死ねればいいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »