« テレビ | トップページ | 短歌の今後 »

2006年6月21日 (水曜日)

映画そして短歌

博士の愛した数式

原作は読まずに先日「下高井戸シネマ」で観ました。
公式サイト、数式のページにある「オイラーの公式」は、
映画の中で素敵に体現されていました。
ご覧になっていない方々も是非。



朝日新聞、朝刊に掲載されている、大岡信氏による
「折々のうた」より、6月13日と14日のうたが
気になったので転載させていただきます。

(俺はウマい)三回唱え息を詰め引きたるメスは皮脂までを裂く

京 表楷
『ドクターズ・ハイ』(平十八)所収


人間ができるまで十七年か七十年かは人によりけり

小池 光
『時のめぐりに』(平十六所収)

|

« テレビ | トップページ | 短歌の今後 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビ | トップページ | 短歌の今後 »