« ...まだまだ短歌 | トップページ | 9月から10月へ »

2006年9月17日 (日曜日)

あ~♪

先だってユザワヤで買ったワインレッドのクラッシュベロアを9人分に
裁断し、5人分のスカートを縫い上げました。あとは、仲間の1人が
仕上げてくれることでしょう。とりあえずホッと一息です。

あ、金曜日のR小PTAコーラスでも、
10月頭には「ジュピター」を歌います。
今回、人数も練習量も少ないので、バランスをとって
アルトを歌うことになりました。
低すぎて出ない音域もあります。
でもトライしてみますね。
シャーロック・ホームズの愛したアイリーン・アドラーも
コントラルトでしたから。

|

« ...まだまだ短歌 | トップページ | 9月から10月へ »

歌舞音曲芝居」カテゴリの記事

コメント

ジュピターっていうと、平原綾香のしか聴いたことがないんですけど、これの原曲は、英国の愛国歌?にも採用されているんですね。

http://rasiel.web.infoseek.co.jp/mil/ivow.htm

第一次大戦当時のことでもあるし、
なんか、この「祖国」の解釈には、いろいろとあるようですけど、なんでその曲に、副題が"快楽の神"のホルスト「木星」をもってきたのか?ちょっと、久々に好奇心がうづいております;-)

アルト、がんばってください♪
(聴いてみたいけどなあ(^^;,)

投稿: 畔 | 2006年10月 1日 (日曜日) 午後 11時29分

はい、畔さん、こんばんは♪
ホルスト「ジュピター」ですが、
やっぱりこれは、冥王星「プルート」
じゃまずいのかもしれませんね。
わたくし=蠍座の守護星は冥王星
なのですけれど。

アルト、やってますよ。
音域広げるのって、
けっこう楽しいです。
聴いていただけるほどかは
ちょっと置いといて^^。

投稿: あきの | 2006年10月 2日 (月曜日) 午後 06時56分

なんか、つい最近、世間では、虐げられた「冥王星」ですけど、ホルストの「惑星」内では、2000年ぐらいから、追加召集うけてたみたいっすね;-) しっかし、いまさらなんで、惑星落ちさせるのかって、思っちゃいますけど、あれって、実害って、あるんでしょうか?(^^;,

投稿: 畔 | 2006年10月 3日 (火曜日) 午前 12時48分

うーむ、矮惑星になった冥王星ですけれど、
星占い的には変わりはないですよね、たぶん。
似たような惑星が回りにいっぱいあるらしいですから、
奥ゆかしい、地味な惑星なのかしらん。

そうそう、ルル・ラブア「ホロスコープ入門」(1981)
を見ると、惑星の吉凶ということなら、木星は大吉です。
象徴する意味として<成功と幸運の援助 膨張 保存を
あらわし 正義 法律 宗教を象徴する また人生上の
発展向上を 司る>とありますから、選ばれたのかも。
わ!木星・ジュピター/ホルスト~名曲スケッチ
ホルストの組曲には冥王星は入ってませんね。
1930年より前に作られたからでしょうかな。

投稿: あきの | 2006年10月 3日 (火曜日) 午後 02時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ...まだまだ短歌 | トップページ | 9月から10月へ »