« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月26日 (日曜日)

...短歌

●「土曜の夜はケータイ短歌」HP、11月のテーマ「かたち」にて、
東野翠れんさんに1首選んでいただいてます。うれしいです。

・パック詰め卵になった人々が割れないように抜けてゆく駅

●右欄、プロフィールにあります秋野道子の5・7・5・7・7
(含5・7・5)
を久方ぶりに整理してみました。うーーん。

●「題詠100首blog自選集」。
10首選ぶというのは、けっこう難しいです。
というよりも、自選することのできない私なのかも。うーーむ。

Karasuuri_003

| | コメント (0)

2006年11月19日 (日曜日)

「自選集」について

五十嵐きよみさんによる、
「題詠100首blog自選集」刊行のご提案
に参加します。

自選する10首は、マラソンをしている間や、走り終わったあと、
幾人かの方から取り上げていただいたものに決めようと思います。

| | コメント (2)

土曜の夜の

番組で放送されはしなかったものの、
番組HPにアップしていただいてます。
コピーライター、太田恵美さんによる選です。
とてもうれしいです。ありがとうございます。
11月のテーマは「かたち」です。

・実線の輪郭を持つ父病めば点線それも不規則な点

今週のスタジオから
◇11月18日放送◇
分にも取り上げていただいてます。
そうだ 京都、行こう。
テレビ画面に幾度も映し出されたコピーですよね。

*

Photo 短歌 「しるし」

+++ 11月 第2週 +++
Img19754db5evnwog
・目印の喫茶店なき角まがる足は不安なリズムを刻む

| | コメント (2)

2006年11月16日 (木曜日)

...短歌

昨晩、「秋野道子」で検索してみたら、
笹公人の念力ポッド倶楽部
に私の歌を載せていただいてます。

・すき焼きの湯気に送られ異人さんたちさめざめと消えて何処へ

ほぼ2か月の間、気付きませんでした。
ありがとうございます。

| | コメント (0)

2006年11月14日 (火曜日)

本のことなど

ものすごい勢いで読了したのは、
三浦綾子『氷点(上)(下)』角川文庫
T.H.クック『緋色の迷宮』村松潔[訳]文春文庫

本日、ネットにて注文したのは、
最近、欠かさず見ている田辺聖子さん原作の、
NHKの連続テレビ小説「芋たこなんきん」にちなみまして、
『川柳でんでん太鼓』です。
番組の中に登場した、いいなぁと思った川柳を2句。

法善寺芝居のような雪が降り 織田作之助

大阪はよいところなり橋の雨 岸本水府

| | コメント (2)

2006年11月13日 (月曜日)

もろもろ

9日、木曜日の夜、東京へ戻り、昨日12日、日曜日、
雑記5をしたため、美しい人を下高井戸シネマで観ました。
国籍に関係なく、女性9人の人生に引き込まれましたよ。
親子、姉妹、夫婦、エトセトラエトセトラ。

そうそう、東京へ帰る9日の昼過ぎ、京都駅にて、
北海道えりも高等学校(年間行事 11月の見学旅行 に関連記事あり)
からの修学旅行生である女子の1人から、昆布をもらいました。
なので、今朝、遅まきの、ありがとうメールを送信しました。
Erimo

さてさて、11月も半ば近くなり、健康診断も受けなきゃとか
思いつつ、歌ってまいりました。詠う方は、ぼちぼちですかな。

| | コメント (0)

2006年11月 4日 (土曜日)

文化の日♪

昨日、11月3日、世田谷区民会館ホールでの
世田谷合唱祭に参加してまいりました。
38組のさまざまな合唱団が、3部に分かれてのお祭りです。
私たちM合唱団は3部。午後4時半ころに歌いました。
2曲目の「千の風になって」は、専門家による講評も、
お客さまからの評判も芳しかったものの、
1曲目、アカペラ(無伴奏の合唱)である
「ふくろうめがね」
は要努力みたいです。
みんなでふくろうの気持ちになって歌ったつもりでしたが、
すぐまえのアカペラ専門の、コンテスト、コンクール
にも参加しているグループのあとでしたからね......。
「おさな子のための祈り」は、
緊張感の高い、完成度の高い、それはもう美しいアカペラでした。

なにはともあれ、打ち上げのビールは、
とてもおいしゅうございました。
めでたし、めでたし♪

| | コメント (0)

2006年11月 3日 (金曜日)

「題詠100首blog」

初めて参加させていただいた題詠100首blogは終了したようです。
主催してくださった五十嵐きよみさん、ありがとうございます。
いろいろな方々からトラックバックやコメントをいただきつつ、
どうにか完走できたことを、今再び噛みしめています。
応援してくださった皆さん、ありがとうございます♪

西中眞二郎さんの鑑賞サイトに、拙作がピックアップされていることに、
初めて気付きました。お礼を申し上げるのには遅まき過ぎます。
ここにて、ありがとうございます。お疲れさまです!

「しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳」
2006-11-02 題詠マラソン「百人一首」前夜祭

その34告白:097/題:100
その31世紀:084
その23頬:055
その24とおせんぼ:056
その21シャンプー:034
その19 寂:031/萌:050
その17凍:046
その15嘘:027 花びら:037
その14風:001
その11 刻:014
その8キッチン:004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木曜日)

...短歌

NHKケータイ短歌
Photo短歌 「奥」
+++ 10月 第5週 +++

061016_001

誰かしら魔法を解いてくださいな森の奥へと帰りますから

*祖師谷大蔵でのコーラスのあと、
フクロウさんを見つけて撮らせてもらいました。
フクロウさん、スタッフの皆さん、ありがとうございます♪
「これいいねえ賞」をいただきました。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »