« 金木犀は未だ蕾です | トップページ | 森は生きている »

2007年10月14日 (日曜日)

塔07年10月号掲載歌

<若葉集> 入会一年目の会員欄 吉川宏志氏 選

・その上に猫顔をせしフクロウの居たとう杭(くい)と我と撮らるる

・鰭(ひれ)のある亀を認めしその刹那鰭にてダッシュ 波のみ写る

・朱赤なる花房たわわ鳳凰木(ほうおうぼく) 溶岩に立つパラソルのごと

・旅の前旅の後など切り離しハンモックまで身を滑らせる

・スイングをする波の音(ね)を携帯に閉じこめてあり憂き夜は聴く

一首目は、編集後記で吉川氏よりコメントをいただきました。


<八月号 若葉集評> 杜野 泉氏

・わたくしが迷い子であるアナウンス流れ二歳の息子は待てリ

についてのコメントをいただいています。

二つのコメントには、「ユーモラス」という言葉が
共通して使われていて本望です。

|

« 金木犀は未だ蕾です | トップページ | 森は生きている »

『塔』」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪

鳳凰木の歌は南国らしい色があざやかですね。

ハンモックの歌には何となく共感できる部分があります。

投稿: のぼ | 2007年10月14日 (日曜日) 午前 11時39分

のぼさん、いらっしゃいませ、こんにちは♪

鳳凰木は、こう、横に平たく広がった花房が、
なんとも明るく、たくましく、華麗でしたよ。

十首に満たない自作に溜息をついていたところ、
ハンモックの写真から歌が作れるんじゃないのと、
俳句をやる母に言われ、ひねり出した短歌です。

投稿: あきの | 2007年10月14日 (日曜日) 午後 03時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金木犀は未だ蕾です | トップページ | 森は生きている »