« 塔08年1月号掲載歌 | トップページ | エディット・ピアフ~愛の讃歌~ »

2008年1月22日 (火曜日)

私の好きな塔短歌0801<若葉集>花山多佳子氏 選より

[敬称略]
・正論で責め立てられた日の夕べシャポンの白い泡にくるまる(新井 蜜)

・名を呼ばれ自販機離れる二歳児の最後に少しさわりて行きぬ(奥野侑子)

・夕焼けの雲ことごとく掃き寄せて薄紅色のほうき草ねむる(相本絢子)

・魂に包帯を巻きほほ笑める人ありていま夕闇に消ゆ(角谷絵鈴)

・ストレスに弱き私は今日もまたニュースの途中でテレビを消しぬ(飯村みすず)

・雨の糸見上げる鷺は白拍子たしかな所作で一歩あゆめり(上原寿明)

・母の切りし薄きメロンの光膜を父の器に眺めていたり(宇梶晶子)

・ターバンをふんわり巻きてゐるごときトルコ桔梗の淡き花びら(江原幹子)

・窓を開け風に吹かれて力抜く揺れるたび散る萩の花びら(木村啓子)

・やうやくに子の眠りたる真夜開く絵本の母はみな嫋やかで(黒瀬圭子)

・磨ぎ汁を幾度もかえて思いおりわが子を橋より落とす瞬間(永田聖子)

・初めての宅配ピザを頼みけりどこか若やぐ二人の食卓(橋本水津子)

・たそがれの街に混じりて一つの灯守りつつ行く映画館出て(原 夏子)

・電子辞書ひらきて光を浴む媼魔法少女のコンパクトのごと(沼尻つた子)

・待つ人のなき清しさに時を遣る茶房の窓辺に夕日入るまで(磯部葉子)

|

« 塔08年1月号掲載歌 | トップページ | エディット・ピアフ~愛の讃歌~ »

『塔』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塔08年1月号掲載歌 | トップページ | エディット・ピアフ~愛の讃歌~ »