« 日帰り | トップページ | 私の好きな塔短歌0801<若葉集>花山多佳子氏 選より »

2008年1月20日 (日曜日)

塔08年1月号掲載歌

<若葉集> 入会一年目の会員欄 花山多佳子氏 選

・モジリアニの女人に似しと友の言う我の姿は減り張り無きか

・背の丸くなりし具合も揺れようも瓜二つなり母とその姉

・扇風機第一号は盗まれぬ 月賦も払い終わらぬうちに

・禁じらるる共用庭へ目こぼしをたまい植えたりローズマリーを

・失せてより在りし形(かたち)を愛おしむ携帯の紐の先のサンダル

今月、選んでいただいた歌です。

|

« 日帰り | トップページ | 私の好きな塔短歌0801<若葉集>花山多佳子氏 選より »

『塔』」カテゴリの記事

コメント

なくしてしまったサンダルが歌になりましたか・・・

これで心残りが少し軽くなったでしょうね。

日常のあれこれを短歌にして、楽しんでいる様子が
ところどころに感じられます。

投稿: のぼ | 2008年1月23日 (水曜日) 午後 08時56分

のぼさん、ご明察、恐れ入ります。

歌に出来て、すっきりとしました。

日常のささやかな思いを、
繰り返し詠んでみるというのが、
最近の私の姿勢ではあります。

投稿: あきの | 2008年1月24日 (木曜日) 午前 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日帰り | トップページ | 私の好きな塔短歌0801<若葉集>花山多佳子氏 選より »