« 京都便りと誕生数秘学 | トップページ | 塔09年2月号掲載歌 »

2009年1月21日 (水曜日)

塔09年1月号掲載歌

<作品2> 小林幸子氏 選

・日本人学校の門とざされており仰角に助けを求む

・学校の隣の塀を修理する男は猫のごとく着地す

・吾の狭き額の真中をピシと打つカナブンのため片足を着く

・カナブンにしてみればただ壁だろう 自転車に乗り移動する額

・土鍋さえ池となりうる姫睡蓮の束ねられたる葉を放ちやる

[11月号 真中朋久選歌欄評 石本照子氏] にて

・水飲み場には下着など干されおり仰げばホテル、都庁、夏空

を取り上げていただきました。

|

« 京都便りと誕生数秘学 | トップページ | 塔09年2月号掲載歌 »

『塔』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都便りと誕生数秘学 | トップページ | 塔09年2月号掲載歌 »