« 本と映画 | トップページ | 歯を抜く »

2009年9月13日 (日曜日)

塔09年9月号掲載歌

<作品2>真中朋久氏 選

・月見草のほとりに海のある町に生まれなかった弟のおり

・野良犬の骸や欠けたヒトデまで月の光は滴り触れる

・枕辺のリュックサックに忍ばせし都こんぶとバナナ一本

・ブランコの枠のみ残る公園に歓声は無くポピーの揺れる

・さとがえりせし娘らは金属の大きな鳥の胎内へ行く

・焦点をスノードロップからツグミへと移したり指先をもて

|

« 本と映画 | トップページ | 歯を抜く »

『塔』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本と映画 | トップページ | 歯を抜く »