« 京都便り | トップページ | 秦琴&笙 »

2010年11月21日 (日曜日)

塔2010年11月号掲載歌

<作品2> 吉川 宏志氏 選

・ほほえみとあくびは喉肺心臓をゆったりさせるアランの言いき

・右の膝左の膝ゆ右足の薬指へと痛みは巡る

・わたくしの二の腕を吸う初孫は跡を残しぬドラキュラのごと

・授乳する娘の曰く動物になった気がする 猫の丸まる

|

« 京都便り | トップページ | 秦琴&笙 »

『塔』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都便り | トップページ | 秦琴&笙 »