« 塔2011年1月号掲載歌 | トップページ | 塔2011年2月号掲載歌 »

2011年2月 8日 (火曜日)

終着駅

終着駅
 トルストイ最後の旅

を下高井戸シネマにて観ました。
下高井戸シネマへの道すがら、知人のご主人に出会い、
たまたまこの映画を観た後だということで、
「面白いよ」という言葉を耳に、客席に座りました。

●2009年度アカデミー賞 主演女優賞・助演男優賞ノミネート
終着駅 トルストイ最後の旅 THE LAST STATION
(2009年/ドイツ・ロシア/1h52/PG12)
監督・脚本:マイケル・ホフマン
出演:ヘレン・ミレン/クリストファー・プラマー
「戦争と平和」「アンナ・カレーニナ」などの名作で知られるロシアの偉大な文豪であり、
また理想主義的な平和思想家としても知られるトルストイ。 “世界三大悪妻”と名高い
夫人ソフィヤとの、晩年の知られざる愛と葛藤の日々が100年の時を経て明かされる。
世界的名優たちの競演もご堪能あれ。(下高井戸シネマHPより)

トルストイ、その妻ソフィヤ、秘書のワレンチン、ワレンチンの恋人。
初めて観る役者さんばかりでしたけれど、人間味に溢れていて、魅力的でしたね。
気持が、まっすぐに表情や動作に現れていました。
時代、国民性、個性をも、すぐれた役者さんたちが演技しているわけでしょうけれど。

どちらかといえば(?)、ポーカーフェイスの私は、本当の自分の気持ちが
分からなくなったりすることに、最近気づいたもので。
喜怒哀楽なんて言葉を思い出したりして...。

|

« 塔2011年1月号掲載歌 | トップページ | 塔2011年2月号掲載歌 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塔2011年1月号掲載歌 | トップページ | 塔2011年2月号掲載歌 »