« 塔2011年5月号掲載歌 | トップページ | マグノリア »

2011年6月21日 (火曜日)

塔2011年6月号掲載歌

〈作品2〉真中 朋久氏 選

・最終の補助受けらるるドックなり芙蓉とう名の診療所にす

・お揃いの衣まといてお揃いの臓器のために集いておりぬ

・玄米に小豆を混ぜて私の為にだけ炊くわたしのご飯

・ほおばればねっとりとして里芋は娘(こ)の婚家にて育まれきし

・みっしりとだき重りする舞ちゃんと見おろす蕗のとうむくむくと

まあなんだか、むしむしとしております。

6月10日に入院し、14日に手術し、来週半ばに退院予定の
夫がらみで、ごたごたばたばたしておりました。

下垂体腺腫という腫れものは、鼻腔経由で無事きりとられました。
全身麻酔に伴い、二日ほど術後室にいた夫は、元の病室へ戻りました。
ふぅーー。

京都の父はといえば、声や動作が、めっきり静かになり、
おなかをこわしやすく、足の甲のむくみのせいか、だるそうです。

とまあ、病に囲まれつつ、孫の一歳の誕生日を楽しみました。
はぁ~~。

あ、短歌を選んでいただいてますね。
ありがたいことであります。
細々と、ぼちぼちと、続けられますように。

|

« 塔2011年5月号掲載歌 | トップページ | マグノリア »

『塔』」カテゴリの記事

京都便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塔2011年5月号掲載歌 | トップページ | マグノリア »