« マグノリア | トップページ | 塔2011年8月号掲載歌 »

2011年7月16日 (土曜日)

塔2011年7月号掲載歌

〈作品2〉三井 修氏 選

・初雛の吸い物椀の三つ葉なり娘(こ)らの狭庭の隅に湧きおり

・晴天の平らかな道いかように転びおえしか仏の座知る

・したたかに打ちし右なる膝よりも左足首捻挫の重し

・いち早く卓の下へと滑りこみ足のギブスと共に揺られる

8、9日と、京都の実家に泊まってきました。
8日は、早朝の東京を離れ、体調を崩している父の検診に付き添い、
9日は、東京から娘一家が、父にしてみれば曾孫の顔を見せに京都へ。

実家のエアコンのフィルターを掃除したり、防虫対策をしたり、
父の自転車で、外出用の紙おむつを初めて買ったり、庭のみずまきを
したり...。まだまだ気になることはありましたけれど、退院後一週間の
夫も気になり10日に東京へ。

さてと、父の体調は不安定なままですが、東京のわが家のベランダでは、
ゴーヤーが順調に育っています。最初の収穫は京都に送り、ぶらさがっている
2個目、3個目を楽しみにすることといたしましょう。

|

« マグノリア | トップページ | 塔2011年8月号掲載歌 »

『塔』」カテゴリの記事

京都便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マグノリア | トップページ | 塔2011年8月号掲載歌 »