« 喪中です | トップページ | 塔2012年1月号掲載歌 »

2011年12月22日 (木曜日)

塔2011年12月号掲載歌

〈作品2〉黒住 嘉輝氏 選

・一本の細き棹にて木の舟を自在に繰りし祖父の痩身

・枕辺に小さきラジオを侍らせてラジオの声に守られている

・すんすんと群れ立ちている捩花の思い思いに捩れていたり

・カメレオン女と呼ばれしその日から私の色を探しています

師走ですね。父亡き後、母のことが心配でしたけれど、
まだまだ気を張っているらしく、諸々の手続きやお礼に、
日々動いています。今、妹が京都へ行っているので、
なんとなく安心です。

とはいうものの、実家のそばに住まう、母の姉の体調が
思わしくなかったり、義理の弟の身辺がややこしくなったりと、
次なる気がかりも登場しています。

あ、今月掲載されるかと思っていた補遺ですが、
来年か、あるいは...。今夏、八月提出の原稿が届かなかったのは、
私だけでなく、けっこう人数が多かったみたいですから。
郵便事故だとすれば、初めて遭遇したことになります。

|

« 喪中です | トップページ | 塔2012年1月号掲載歌 »

『塔』」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喪中です | トップページ | 塔2012年1月号掲載歌 »