« 塔2017年4月号~2016年12月号掲載歌 | トップページ

2017年7月25日 (火曜日)

塔2017年7月号~5月号掲載歌

塔2017年7月号掲載歌

<作品2>山下 洋氏選

・蚕より吐き出されたる絹糸の編まれて胴に寄り添いくるる

・肌につくすべてを綿に変えてみる化繊の衣なお捨てがたし

・特発性固定蕁麻疹つまりその出れば消えたりしないわけなり

・左手を白布に吊るし告別の写真に並ぶ外は初夏


塔2017年6月号掲載歌

<作品2>池本 一郎氏選

・代替わりせし写真館先代の笑顔の消えて温度の下がる

・証明用写真のために眼鏡脱ぎ年相応の我の露出す

・痛みではなく痒みではあるものの春の眠りの小間切れとなる

・蕁麻とう草に触れたる皮膚に似てミミズや島の形に赤く

・血の流れ良くする薬の欠かせない身体なりけり致しかたなし


塔2017年5月号掲載歌

<作品2>永田 淳氏選

・家内にコツコツコツと母の杖音の響きて我を迎える

・母方の祖父の缶もて焼きしとうテッポウムシはいかなる味よ

・植物園勤めの従姉妹と約したり テッポウムシを食む必ずや

・夕闇の塀の上行く尾の長き獣ふりむく嗚呼ハクビシン

・目の前の地面に降りしハクビシンするりベランダ下へ潜りぬ

|

« 塔2017年4月号~2016年12月号掲載歌 | トップページ

『塔』」カテゴリの記事